コンパのお誘い

sagar-patil-8UcNYpynFLU-unsplash

前記事で書いた婚活パーティーの衝撃覚めやらぬまま友人と飲んでいる時に、知人から「急だけど明日お昼から自宅でお料理バーベキューコンパするんだけど1人女の子が病欠で来れなくなったから来ない?エプロンと飲み物は各自持参で」と連絡をもらいました。婚活パーティー終了後だんだん正気に戻ると同時に40歳の需要のなさにどんどん落ちていった私は「少し遅れるかもしれませんが行きます!」と即答!以前に同じ知人が開催したバーベキューコンパに参加した時は、知人のお料理を手伝いして、男女比率も集合時間もバラバラで男性は30代後半から70代まででコンパという感じではなく、ただいろんな人と楽しく食べて飲もう!という会だったので、今回もそんな感じかなと気軽にお返事しました。正直前日のパーティーのことを誰かに話して(グチって)発散したかったので、その日は1人ででも友人のお店に飲みに行こうと思っていたくらい
^_^;  今回も飲むぞーと意気込んで参加しました!


出会い系コンパだったバーベキュー

私はビール6本をぶら下げて知人宅へ。到着するとすでにみんな揃っていてエプロンを付け、なにやらくじ引きをしていました。人数は男女各5名で30代前半から40代前半くらい。え、なんか普通のコンパみたい、、知人に「こないだの70代のおじいちゃんは?」と聞くと、「いや今日はちゃんと出会いのためのコンパだから、男女ペアで一緒にお料理して食事会とバーベキューする予定!」と、、、早めに言ってよー^_^;

というのも、前回のバーベキューの時は知人のお手伝いでエプロン持参でお料理準備や皿出しやお片付けを手伝っていたので今回もそんな感じかと思ってた私は前回同様、母から借りた真っ黒のポリエステルの割烹着に近いエプロンを持参、みんなマリメッコや花柄のかわいいエプロンの中、私だけ昔の葬儀のお手伝いのようでしたww  持参の飲み物は男性はワインなど持参している方もいましたが、女性はカクテルやお茶などのソフトドリンク、私はビール。。やってもうたー、、(1度目)

まぁでももう40歳の需要は昨日でわかったし、今回は気分転換にしようと切り替えてスタートしました。


お料理スタート、、と昨日の衝撃の余韻

maarten-van-den-heuvel-EzH46XCDQRY-unsplash

着いた時にみんながしていたくじ引きはお料理する男女ペアを作るためのものでした。私も遅れてくじを引き、2つ年下の公務員の男性K君とペアでおにぎりを作ることになりました。横では野菜を切ったりするペアもいて、作業自体はペアでしますが話は近くの人たちとわいわい話していました。

そこになんと!昨日衝撃を受けた婚活パーティーでお会いした数少ない40代(実際は2人)のうちの1人がいたのです!!いやーなんとも気まずいww  正直その人の印象はあまりよくない、上から目線で自分の自慢話と周りの人はバカだという事を話していました。でもこれからお料理して食事することを考えると、このままじゃあむず痒いというか気持ち悪いので、相手が1人になった時にそっと小声で「昨日お会いしましたよね?」と照れ笑いしながら話しかけました。すると「いや会ってないです」との返事。いや昨日1対1で話して24時間も経っていないのに、しかも40代女子は私だけ(落ちてたメモ用紙によると)だったのに覚えてないとかある?と、もうちょい突っ込んで「〇〇駅から左に出たところで、、私は全然ダメでしたけど」と話すと、「いや〇〇駅には行ったけどそっち方面は知らないなぁ」と目を逸らしながらの返事。一応万が一他に聞こえてもいいように婚活パーティーという言葉は使わず、ただ「あぁ昨日はどうも」くらいで終わって気まずさを解消しようと勇気を出して話しかけたのに(後で考えたら私が無神経だったのかな、、)完全にしらばっくれられ、イラッとすると同時に忘れようとしていた昨日のパーティーの事が思い返され、ビールを手に、さらに飲みモードスイッチが入りました!


食事会スタート、そして飲まれる

yutacar-JKMnm3CIncw-unsplash

お料理が出来上がった頃、再度くじを引いて席決めしました。ミラクルにもお料理の時と同じK君と再度ペアになり隣の席になりました。K君は見た目は特にタイプではなかったんですが、私が持ってきたビールを見て、「おっいいビールがある!飲んでいいですか?」と一緒にビールで乾杯し、明るく場を盛り上げてくれる楽しくて礼儀正しい人でした。しかし話しているとバツイチ3人の子持ち(元妻が引き取ってはいますが)で離婚してまだ半年足らずということが判明。この時点で婚活相手としては消去していました。まぁ今回は婚活というより、発散飲み会だと思っていたので気にせず、ペアといっても長テーブルを囲んでるのでみんなで話す感じなのでまぁいっかと。連日の40代の彼とは席も離れひと安心。そして飲んで飲んで〜飲んで〜バーベキューをする頃には一丁あがり!出来上がっていました。途中主催した知人の彼氏が来て、失礼にも今まで私が見た知人の彼氏の中で一番いい人だねと話したのを覚えています(知人は後にその人と結婚しました)。そこからの記憶がかなり飛び飛びというかほとんどありません。前日の余韻のせいか久々にあんなに飲みました。知人には後で「飲んでたね〜彼氏がおもしろい子だわ〜また会いたい〜て言ってたよ」と言われましたが、怖くてそれ以上何をしたのか言ったのか聞けませんでした
w

そろそろお開きで〜となった頃、まだ夕方だしみんなで近くの居酒屋でも行こうという話になりました(たぶん。いや私が言い出したのかも?^_^;)。そして知人宅を後にしてふらふら歩いていると、いつのまにかみんなバラけて気がつけば2度ペアになったK君と2人だけになっていました。女性はもとより男性の中でもソフトドリンクのみの人もいたので、酔っ払い40歳女にこれ以上付き合いたくなかったのかもしれません。K君はどうやらお酒も好きなようで、一緒に私の友人の居酒屋に行きました。正直そのお店での記憶はほぼありません。後でお店の友人や常連さんから「あの日はめずらしく酔ってたね〜ベロッベロッだったよ!バーベキューに行ってきたて何度も話してたよ!」と言われました。イタイ40女ですww


やってもうた、、、

vladislav-muslakov-CwIU33KGToc-unsplash

お店でまたしばらく飲んだ後、そろそろ帰ろうとK君と駅まで歩いていきました。後で聞くと夜8時頃だったようです。そして、、次に私が意識を取り戻したのは夜中1時。K君のお家のベッドの中。うっすらと駅からタクシーでK君の家に移動した記憶が、、

やってもうたーーー!!!(2度目)

記憶失くしてこんなことになったのは人生初めて、しかも40歳で!遅咲き?と言っていいのか、、こんな漫画みたいな事が自分に起こるなんて、、いや落ち着け、とりあえず身なりを整え、明日仕事だよな、、まず帰ろう!と眠そうなK君にタクシーを呼んでもらい、帰宅しました。

帰ってからしばらく眠れず自己嫌悪の嵐。40歳の需要を知ったからといって、飲み過ぎたからといって、これはダメだろうー。。40にもなって何やってんだ!こんな不埒な娘でお父さんお母さんごめんなさい!もうK君とは2度と会わないようにしよう、バーベキューに誘ってくれた知人に何て言おう、今後はひっそりと生きていこう、などといろいろ考えているうちに、その日着けていたお気に入りの高級(私にとって)ストールがないことに気づきました。いやーどうしよう、、でもK君の家とは限らないし落としたのかお店に置き忘れたのかもしれない、とりあえず翌日お店の友人にまず聞いてみようと思い、寝ました(寝るんかい!)


ストールの行方

kamola-fayzieva-CskOIh73L2Y-unsplash

翌日の目覚めは最悪。起きた瞬間からあれが夢であればいいのにと祈るがもちろん叶わない。とりあえず友人に「お店にストール忘れてない?」とメールしながら出勤。友人からは「保冷バッグ(ビールを入れていたもの)はあったけどストールはなかったよー」と。それもあったのか!まぁ保冷バッグはいいとして知りたいのはストールの行方。

お昼頃に主催者の知人へ連絡しようかなぁと思っていると、K君から「ストール忘れてない?」とメール。あぁぁーやっぱりK君のところだったか、見つかって嬉しいような嬉しくないような、、K君とは2度と会わないと昨日夜中に決めたばかりで、ストールを取りに行こうか諦めようか悩んでいると、K君から「仕事帰りに近くの駅まで来てくれたら渡すよ。帰りに軽くご飯でも食べよう」と。人質のストール(自分のせいw)を救出すべきかどうか、、結局、貧乏性の私はK君の誘いに乗りました。

そして仕事帰りにK君と合流し、今日はお酒は控えようとパスタを食べに行きました。K君に「ストールどこにあったと思う?」と聞かれ、「え、部屋にあったんじゃないの?」と私。「アパートの階段の手すりに引っかかってたよ笑」とK君。・・・どんな状態だよ、お酒の力て怖いww 

そしてこの日はお互い素面なので、普通にお話することができ、K君も普段は礼儀正しく離婚やお子さんの事も真面目に話してくれ、仕事も真面目で浮気などしない誠実さを感じ、好印象でした。意外なものです、昨日まで2度と会わないと思っていたのに、、またご飯でも行こうなどと話しながら普通に食事して安全にお家まで送ってもらいました(笑)

結局この後、K君とは数度ご飯や飲みに行ったりして、なんとお付き合いすることになりましたが、それはまた別記事で書いていきたいと思います。