再び新たな婚活パーティーへ

william-montout-oc_xBmnEe9w-unsplash
紹介してもらった彼と自然消滅が成立しつつぼやっと過ごしていた頃、2つ年下の友人が婚活パーティーに誘ってくれました。

しかもこれまで行ったことのない主催者のもの。パーティー後の久々の友人との飲みも楽しみだし、久々に行ってみるか〜と重い腰を上げ参加することに。後でこれが40歳という未知ゾーン突入して初の婚活パーティー参戦だったことを思い知らされます。


いざ参戦

初めて行く主催者のパーティーは特に緊張するものです。会場はフリードリンクで男女各20名弱。番号札をもらい会場に入るなり、あれ?なんか全体的に若い?明らかに20代がチラホラ、全体的にアラサー世代のパーティーぽい。間違えた!と思った頃には時すでに遅しw

そして今回は1対1からのフリータイムという形式。イヤな予感しかない。。

いざ会話がスタートすると、これまでにないガヤガヤ。会場の雰囲気もあるのでしょうが、隣の席も近くてその名のとおりパーティーのような感じ。この方が話しやすいという方もいるでしょう、私のようなアラフォーにはもうちょっと落ち着いた所が合っている気がします^_^;  男性の年齢は20代が2割、30代が7割、40代が1割という感じでした。女性はもう少し20代多めで40代が少ない感じでしょうか。コミュ力高い方が多く、話は続けられていたと思います。

衝撃のメモ用紙

zoltan-tasi-HxKgk_MpHMM-unsplash
1対1形式も終盤に差しかかった頃、男性が移動している時に横になにやら白い紙が落ちているのを見つけました。なんだろうと思って拾って裏返してみると、最初に配られた男性用のメモ用紙でした(
女性の印象を書き込むもの)。もともとメモ用紙には番号だけが印刷され、その横が空欄になっていて、相手の番号の人の印象などをそこに書けるようになっています。見るつもりはなかったんですが、紙を裏返して目に入ってくるなり衝撃を受け、しばらくフリーズしましたw  そこに書かれていたのは、、、番号の横に2桁の数字、、のみ!!26、27、33、37など。そして私の番号のところには「40」の文字!はい、そうなんです、女性の印象が全て「年齢のみ」で書かれていました。誰のものかはわかりません(誰だよ!心の声)なのでそっと戻しておきました。しかしこの衝撃は余韻を残します。

ゼクシィ縁結びイベント

アラ〇〇ーと〇〇代の決定的違い

メモ用紙を見た時、怒りや悲しみよりもただ「衝撃」でした。男性の婚活基準はやはり「年齢」なのか!と。だとするとアラフォーにはかなりの壁だな。それを乗り越えるくらいいい女になればいいじゃないかと言われるかもしれませんが、努力不足かそうそうできるものではなく、また婚活での最初の一歩は条件が大きく占めます。

しかし同じアラフォーでも40歳になった途端にピタッと男性から寄ってこなくなりました。30歳になった時には気付きませんでした。まだそんなに婚活してなかったからでしょうか。

そしてこの時ハッと、アラサー、アラフォー、アラフィフとはなんと自分に都合のいい言い方なんだろうと気付きました。アラ〇〇ーという言い方はほとんど女性に使われていて、アラサーから始まるのは女性の適齢期が25歳以上からだからなんでしょうか。

しかし男性が見ているのはアラ〇〇ーではなく〇〇代だったのです!自分が40歳になった時、まだアラフォーの中だとどこかで思っていたものが、30代と40代の間にそびえ立つ高い壁を隔てた全く違う括りに入っていたんだとこの時ガツンとハンマーで殴られるような衝撃で思い知らされました。今さらと思われるでしょうが、のんきに過ごしていた私は、このアラ〇〇ーマジックにこれまで本当に気が付きませんでしたw

後で思ったことですが、男性にとっての同じような違いはアラフィフでやってくるような気がします。アラフォー世代の男性には私がアラサーの時も何も思わなかったのですが、この後婚活を続ける中で50代と聞くとちょっと身構えている自分がいました。 結局私も相手を見る時はアラ〇〇ーではなく〇〇代で見ているということですね^_^;


結果、と教訓

erik-brolin-sp7ir7Xrs9U-unsplash
メモ用紙を見た後からは正直あまり覚えていません
^_^;   しかし印象カードで私に〇印を付けてくれた男性の数がこれまでと格段に少なくなっていたのは覚えています。

フリータイムも誰とも話せませんでした。地獄時間ですが、メモ用紙の衝撃の方が大きすぎて、、ボーッと過ごしていたと思います。もちろんカップルも成立しませんでした。

ちなみに最終カードを書く時、異性が目の前じゃ書きにくいだろうと主催者から女性と男性を分けるように座らせられました。私の目の前の席に移動してきた明らかにアラサーの女の子が、印象カードを同じ机に広げて見ているのが見え、そこには男性からのたくさんの〇印がありました。しかしその女の子は最終カードは何も書かず提出していました。私にも見に覚えがあります、しかしそれができるのも39歳まで!それに40歳になって気付いた私はほんと鈍臭いww

そして今さらながら気付いた教訓!

婚活するうえで女性の39歳と40歳は全く違う!自分目線のアラ〇〇ー、他人目線の〇〇代ということを理解しておくべきだった!!

40歳からの需要は格段に下がることを痛感し、衝撃を受けたパーティーでした。