私が選んだ基準

jeremy-wong-weddings-0tgMi4EBpdI-unsplash

いろんな結婚相談所で話を聞いているうちになんとなく相談所とはなんぞやということがわかってきました。そして各相談所によって紹介の流れ、かかる費用の項目、金額の違いなどは本当に様々です(種類や流れ、費用項目は前記事で→こちら☆彡)。なので実際比べるというのも難しいのですが、その中で私が選んだ基準を書いていきたいと思います。


相談所のスタイル

まずはコレ。データ検索型にするか紹介型にするかを最初に決めないといけません(前記事参照)。

私は自分が飽きっぽくすぐにダラけてしまうことをこの40数年間で充分思い知らされていたので、自分一人ではいつかのスポーツジムのようにいずれ会費だけ支払って行かなくなるなと思い、紹介型を選びました。

データ検索型の会員数の多さにはかなり惹かれましたが、右も左もわからない結婚相談所利用なので、とりあえず短期集中で一旦紹介型に挑戦してみようと決めました。

といっても紹介型の相談所もたくさんあり、絞っていったのは以下の要件です。


重要な会員数

tim-mossholder-8R-mXppeakM-unsplash

紹介型の中でも相談所それぞれに会員数は違います。会員数はもちろん多い方がその分紹介を受けられ、確率が高くなるので重要です。

しかし一言で会員数といってもそこには落とし穴もありますので以下注意したいことなどを記載していきます。

みるべきは全体の会員数ではない!

会員数が多い方が有利なのは前記のとおりですが、私のような地方住まいには全体の会員数の多さはあまり意味がありません。

特に私は、できれば地元からあまり遠く離れた場所へ嫁ぎたくはなかったので、住まいが隣県くらいまでの方というのが絶対条件でした(嫁ぐ以前に遠ければ会うこともお付き合いを深めるにもめんどくさがりの私にはハードルが上がります^_^;)。さらに他の条件(年齢や年収、子供の有無など)を足して検索し、そこにヒットする人数こそが自分に関係する会員数です。

つまり「条件に合う人の会員数」が重要になってきます。

相談所に説明を受けに行った際に、条件に合った会員数がどのくらいいるのか気になると言うと、実際に検索をさせてくれました。それ以降に説明を聞きに行った相談所には自分から検索させてもらえないか聞いてみて、ほとんどのところが了承してくれました。私は、最初は狭めた条件を入れて検索し何人くらいか見て、少しずつ広げていってどのくらい増えるかを見ていきました。全体の会員数は多くても、私の場合、隣市までの住まいで年齢は前後8歳、バツOK子無し、年収450万以上で検索すると、10人にも満たない相談所もありましたw   その10人の中に合う人がいればいいですが、これまで舞台は違えどそれ以上の人数に会ってきて未だ見つからないのに期待薄です。高い入会費用を支払って10人足らずで終了〜ということにもなりかねません。入会前にお試し検索をさせてもらうことをオススメします。

会員の共有

また、紹介所には横の連携をしているところもあります。

例えば、ABCDという各相談所があり、それぞれ連携して各所に入会している会員を共有しあうという制度です。

A所に登録した人が、お相手検索をするとABCD所のいずれかに登録している会員全体の中から検索できるというものです。

これによって、相談所は自社だけの会員数ではなく、他社の会員も紹介者として入れることができ、大幅に紹介人数を増やすことができます。私が入会したのもこの制度を利用している相談所です。ただし、検索した際にどこの相談所に登録している方かはわかりません。

入会する相談所を選ぶ際には、ABCD各所が連携しているのであればお相手の人数は一緒なので、その中からキャンペーンや費用、システムなどをみて一番いいところを選べばいいと思います。ただ、強いていうならば、担当者からの紹介は、一応自社会員の紹介の方が先になるケースが多く、担当者からお相手にプッシュしたり状況確認したりは自社会員の方がしやすいようなので、最終的に迷うようなら自社会員の多いところを選択すればいいと思います。

会員共有しないところ

逆に、この連携には入らず、独自でやっているという相談所もあります。その中には大手で自社会員だけでかなりの人数がいること、紹介制度を統一するために独自でやっているというところもありました。しかし私はなぜかここには惹かれず、スルーしました。確か料金も高かった気がしますのでこれが原因かも(-_-;)

もう1つ、ネット検索で評価のあった地元密着型の個人でされているような小さな相談所があり、この際気になるものは全部聞きに行こうと直電して説明を受けに行きました。

ここの会員はほぼ皆、私の希望の隣市までの住まいの方です。なにせ地元密着なので。ということは総会員数≒条件に合った会員数となり、魅力的です。

説明では、入会時には必ず一人一人とそれぞれ面談して人となりを確認し、合いそうな人同士を見極めたり、数人での婚活パーティーのようなものも定期的に開催、紹介後も結婚までサポートをするというかなり手厚いサポートで、これまで他の大手相談所で成果が出なかった人が登録替えする人も多い、とのことでした。確かにその人それぞれに合わせたなんともアットホームなところでサポートもしっかりしていて、他の相談所とはかなり違った雰囲気でした。男性の会員も医者や公務員などの高収入な方が多いようでした。

しかし、やはり個人、会員数が圧倒的に少ない。。当時、40代の男性で40代前半の女性(私)と会ってみるという人は、1,2人しかいませんでしたww その1,2人に賭けて入会費用十数万円を支払うのはちょっと勇気がいります。ここはキャンペーンはありませんでした。

ちなみに、ここの相談所はお相手の検索はネット検索はなく、実際にそこに行って写真とプロフィールを見て申込むというスタイル。いや、めんどくさッッ!!毎回検索するのに出向かないといけないなんて、、めんどくさがりの私には続かないな、、と思い、候補から脱落しました。

アラフォーには


会員数は、若いうちなら希望されるお相手の人数も多いので多少の違いならあまり考えなくてもいいのかもしれません。しかしアラフォーの婚活は甘くない、会員数の多いところで勝負した方がチャンスは増えると思います。


パートナーエージェント

費用

micheile-henderson-ZVprbBmT8QA-unsplash

コレ一番大切ですよね。私は相談所のスタイルだけ選んで、会員数はある程度あれば、あとはほぼ費用で選びました。

相談所によって、初期費用は高いけれど月会費や成婚退会時の費用が安いもしくは退会時は無料というところ、初期費用は安いけれど退会費用が高いところ、など様々です。

私が最終的に入会したところは、

  • 入会金・初期費用が約13万円
  • 月会費はプランによってそれぞれ。ちなみに私は勧められるまま月1万円にしていて、あとでいろんなプランがあることを知りました(^^;)プランは月の紹介人数や申込人数の上限によって変わります。
  • 成婚退会時は5万円、相談所内の成婚でない場合および自己都合の退会時には2万円

という内容でした。

そしてこの時、前記事でも書いたキャンペーン月のため、なんとこの初期費用が無料!入会金はくじ引きをして割引率を決めるというお得なキャンペーンで、結局かかった入会費用は全部で約2万円くらいだったと思います( ̄∇ ̄)

キャンペーンなんて本当はいつでもやってるんじゃないのと思っていましたが、入会後に交際となった人や相談所に入会している他の友人などに聞いてみると、入会時には普通に十数万円を入会費用として支払っていたと聞き、やっぱりキャンペーン月はかなりお得だったと思います。他の相談所でも半額などのキャンペーンはありましたが、無料というのはここだけでした。

当時ヒマだったこともあり、婚活の一種として相談所入会も検討してみようくらいの気持ちでいろんな相談所に話を聞きに行っていたのですが、この相談所に話を聞きにいったのがキャンペーン月の末日で、キャンペーン適用の最後の日だと知り、もうこれは運命だろうとえいやっ!と即日入会しました(笑)


店舗の場所

これは補足的ですが、いうまでもなく、行きやすい場所にある方がいいです。私が入会を決めた相談所は、職場からすぐのところに店舗があったというのも入会するうえでの後押しになりました。

といっても店舗へ出向く必要があるのは、入会当初に1,2度、退会時に1度程度で、活動中に店舗に行くかどうかは人それぞれだと思います。
というのも、大手では担当者とはメールや電話での対応もしていますので、どうしても店舗へ行かなければならないという時はめったにありません。
ただ私はメールや電話で状況などをうまく伝える自信がないので、いつも状況説明や何かあったりしたら、店舗に仕事帰りに立ち寄って直接担当者に話して(グチって?)いました()
そういう意味では近くに店舗があると立ち寄りやすく、いつでも行ける頼れるところがあるという安心感で、モチベーションの維持にもつながります。なので店舗が行きやすい場所にあるというのは案外メリットになると思います。


そしていざ入会!えいやっっ!!


結婚情報サイト【NOZZE(ノッツェ)】