相談所入会後、いざ新分野へスタート!

gia-oris-_uM5_nG2ssc-unsplash

ですが、入会してすぐに活動ができるわけではありません。いろいろ準備が必要でちょっとめんどうですが、これが後々かなり重要になってきます。さらにこれをしないと紹介が始まらず月会費がもったいないので、早めに始めた方がお得です。今回は実際の活動時の事前準備などを記事にしていきます〜(但しは私が入会した相談所の準備や流れで、他の相談所では多少違うかもしれません。)

用意する書類

  • 身分証明書(免許証など)
  • 独身証明書(私はここで初めて聞きましたが、区役所で発行してくれます。)
  • 年収証明書
  • 学歴証明書(最終学歴の学校に郵送で取得しました)
  • 上半身写真(これは以下に詳しく記載します)

これだけ証明書を提出しなければならないのは集めるのもめんどうですが、プロフィールのこの項目には誰も嘘はつけないということなので、後々のメリットにもなりますよね、さすが結婚相談所です!


プロフィールの作成

相談所の紹介の第一歩は写真とプロフィールを見ることから始まります。その情報だけでまずお会いするかどうかをお互い決めることになるので、写真とともにプロフィールは重要です。就活の履歴書のようなものですかね。
私は入会時に参考例文とともにまずは自分で書いてきてといくつかの項目に答える形での用紙を渡され、その後担当者とのインタビュー面談(インタビューについては後に詳しく記載していきます)で完成させていきました。

項目は自己紹介(PR)、趣味、好きな(嫌いな)こと、理想の結婚家庭などなどです。

なるべくたくさん詳しく書いておいた方がいいと思います。というのは実際紹介があった時にお相手のプロフィールを見て、たまに何も書かれていないとかほんの一文だけとかの人を見ると、個人的にはこの人やる気あるのか?と思ってしまいます^^;  さらにお会いした時にプロフィールの内容が話題にもなりますのでお互いたくさん書いていると話も弾みます。

内容は担当者の方と詰めていきました。自分では好きなこと欄に「友達と旅行やわいわい楽しく飲むこと」と書いていましたが、担当者の方から最初からこれはちょっと、、とアドバイスを受け「飲む」の部分を「美味しい物を食べる」に変えました^^;

交際が進むと担当者からお相手へ「お酒を飲みに行ったりするデートも好きなようですよ」とそれとなく伝えてくれていたようです。こういうところが紹介型のいいところですよね!

嫌いなこと欄には「怒ったり怒鳴ったりする人が苦手です。穏やかな時間を過ごしたいです。」というような事を書き、それとなくこんな人はイヤだと伝えるようにしました。(完全にまだ前をひきずってますね^^;

自己紹介(PR)は担当者の方が私にインタビューをした後に作成してくれ、一応確認した後そのまま掲載することにしました。

ちなみにお料理ができるということをそれとなく記載するということもテッパンだそうです^^;


写真撮影

blonde-629726_1280

なんといっても最初の印象・雰囲気はこの写真一枚(人によって数枚)で決まるので、かなり重要です!

入会時に、写真は女性は明るい色のブラウスにスカートやワンピース、男性はスーツで撮った方が印象がいいと言われたので、早速張り切って"ツルサラ"な白ブラウスを買いに行きました(笑)

相談所によっては写真撮影会があったり、写真館を指定されたり、スナップ写真でも可能だったり様々です。

私が入会した相談所は、希望者にはヘアメイクセットのプロのカメラマンによる有料撮影会が定期的に開催されていたのですが、撮影会場が遠く私は予定がなかなか合いませんでした。なのでまぁあとで撮り直せばいいかなと、とりあえず活動を始めるために最初のインタビュー時に担当者の方にデジカメで撮影してもらったもので始めました。

その時の私の格好は白チュニックにジーパンだったのですが、実際掲載するのは上半身だけの写真なので(人によって全身写真も追加で掲載している人もいましたが)、ジーパンは映らず上半身のチュニックだけだとワンピースのようにも見え、まぁいいかと結局最後までその写真を使い、ツルサラブラウスは現在まで出番がありません(^^;

お相手の写真を見ていると、たまに明らかに自撮り写真のみの人もいますが、印象としてはちょっと、、やっぱりスーツ姿で撮ったりしている方が印象はいいので、自分に置き換えてもキチンと清潔感ある写真で勝負した方がいいと思います。


EQ診断

このEQ診断というものを私はここで初めて知りましたが、「こころの知能指数」ともいわれる適性検査のようなものらしく、質問に答えていくうちに、自分では意識していないことなどを探ることができるようです。一種の心理テストみたいなものでしょうか。企業では採用時に適性検査として取り入れているところもあるようです。

私が入会した相談所は、このシステムを使って価値観にフォーカスし「自分が重視している価値観」「相手に求めている価値観」を割り出し、PC上でマッチングする人を自動検索したり、担当者が参考にするなどとして取り入れていました。

私は占いなども好きなので、これをやってみたいという好奇心もこの相談所に決めた理由の1つでした(^^;

入会時に説明を受け、インタビューまでにネットで入力してくるよう言われていました。 質問数は数十問あり、けっこう時間がかかります。私が受けたのはいくつかの似たような選択肢の中から自分に近いものや嫌なことなどを選択していくというスタイルでした。

結果、私の場合は以下のとおりでした。


【自分が重視している価値観】

  • 環境の変化に柔軟であること
  • 自分の感情をコントロールすること
  • まわりの人と強調すること

【相手に求めている価値観】

  • 困っている人を助けること
  • 相手の気持ちに共感すること
  • 場の空気を読むこと

それぞれの項目に詳しく説明もありました。

その時は自分でもハッキリと意識していなかった項目などが露呈され、自分で認識することができ、へーとおもしろいなと思いました。
ただ今思うと、直前の彼が激しくも共通の趣味もたくさんあったこともあり、一緒にいろんな事を楽しみながら穏やかに過ごしたいという意識が強く出たのかもしれません。

今やってみると同じ結果が出るのでしょうか、試してみたいものです。

それでも確かにこの価値観は、私にとって大切ではあります。他の項目にどんなものがあるのかがわからないので、優先順位はわかりませんが。ただこうやっていろんな角度から合う人を探してくれるというのはやっぱり相談所の魅力です。

※簡単な診断なら無料でネットでできるようです。自分の意識を認識しておくことは今後活用できるポイントにもなると思います。
→本当の自分、知ってる?「婚活EQ診断」はこちら



インタビュー

amy-hirschi-JaoVGh5aJ3E-unsplash

私が入会した相談所は、人の手を借りての紹介型の相談所です。なのでまずは担当者によるインタビューという形でいろいろ質問される機会を設けられました。ここで自分の担当者と初対面し、約1時間位みっちりお話しました。

過去の恋愛、自分を変えた体験、今の生活、そして一番大事どんな相手どんな結婚生活を望むかなどです。今後の理想はボヤッとした感じではなく、ハッキリとしたビジョンを聞かれ、あぁこういう事をハッキリさせて活動するべきなんだなと実感させられました。


担当者とのお話

ひと通り自分のことを伝えた後、今後の活動での心構えなどをいくつか伝えられ、目からウロコの印象的だったことなどを記載しておきます。

今より良い生活を!

一番印象的だったのは、担当者の方が「結婚して今より自分にとって良いこと(一緒にいて楽しいとか、落ち着くとか、経済的に余裕ができるとかなんでもいいらしい)が何かなければ結婚する意味はないよ、それがないかもしくはマイナスなら今のままで充分でしょ、だから今より少しでも素敵な暮らしができると思える人を探そうね。」と言ってくれたことです。
私はそれまで結婚しなきゃいけないんだろうなぁとなんとなく思っていましたが、この一言で、そうか!と、目標とする先がハッキリしたような、肩の荷が下りたような、とにかくスッキリして、この担当者でよかった!と思いました。

恋愛は置いといて

「ここでは結婚相手を探すんだから、これまでのように好き〜!とか恋愛から始まることは諦めてください、生理的に受け付けない以外はなるべくトライして」とハッキリ言われました。恋愛と結婚は別とはよく言われますが、こんなにハッキリ言われたのは初めてです^^;  

自分自身これまで恋愛体質でもないので好き〜!から始まることは稀で、だんだんあぁ一緒にいると楽しいし落ち着くなという感情から好きだなぁとなることがほとんどだったし、恋愛と結婚は一緒というわけではないこともわかっていたつもりですが、ここまでハッキリ言われると驚きます(笑)

この時はまぁそんなもんなのかなぁと聞き流しちゃいました^^;

でも後で、この担当者の言っていた意味がなんとなくわかってきた気がします。

相談所の紹介は、最初はプロフィールと写真だけ。それを見てまずは会うかどうかを決め、その後会うのは1時間という短い時間なのでこれだけで好き〜!というのはもちろんこの人いいなぁというのでさえなかなか難しいのです。(私だけ?w

また写真と実物も雰囲気とか合わさるとかなり違う!割と、いい方に違った人が多かったです。なので担当者の方からも最初に写真だけで決めないで生理的にムリな人以外なるべく一度は会ってみて口酸っぱくなるほど言われた意味が活動していくうちにわかってきました。

加算方式

恋愛から始まらないので何を基準にするかというと、この加算方式だそうです。確かに好き〜!から始まるとその後多少の減点は免れない。よかったところを一つ一つ加算していって最終的に自分にとってポイントの高い人を選んでいくというものです。要するに良いところを探していこうてことなのかな。これがなかなか難しく、お互い様ですが途中やだなというところが出てくるとやっぱりどうしても減点してしまう、この加算と減点のバランスがけっこう難しかったりします。

私は忘れっぽいのでたまにメモに残したりして加算に意識を向けるようにしていました。


そんなこんなでやっと準備も終わり〜いよいよ実際の活動に挑戦です!



パートナーエージェント